軟水のチカラ

軟水と硬水。名が対比の関係にあるだけあってその効果もずいぶんと違います。

私が行きつけの銭湯の水は軟水処理がされています。あまり聞き慣れないことかもしれませんが一度行けばわかります。

「泡立ちが違う!」

硬水に多く含まれるカルシウムやマグネシウムは石けんと反応して、水に溶けない金属石けんを生じます(これを石けんカスといったりします)。軟水処理していない場合、多くの石けんカスが生じそのために泡立ちが悪くなります。逆に軟水処理された水は石けんカスも少なく、泡立ちがよくなります。その銭湯には肌の保湿にもいいとありました。実際どうなのかはわかりませんが、家で入ったときと軟水処理のお風呂では次の日の肌のしっとり感が確かに違います。髪の毛の質もずいぶん変わる気がします。

お風呂についてはそれぐらいにしても、軟水処理された水は洗濯機や温水器にもその効果を発揮します。詳しくはまたそれのサイトなどでお調べいただいたほうがいいと思うので割愛しますが、光熱費の節約にもうってつけのようです。

軟水は生活用水だけでなく飲料としても非常にいいようです。米を炊くにも汁物を作るにも軟水であれば、それ本来の味を引き立たせよりおいしく食事できるのです。ちなみに世界保健機関[WHO]の基準でいけば水道水は軟水よりも硬水に近い中硬水とされます。日本の天然水は軟水のものが多く、混じりけの少ない軟水は日本人の身体や味覚に適しているのです。最近はウォーターサーバーの普及で天然水や軟水にもだいぶ親しみがでてきました。

こうしてみると軟水の方が全然いいように思えますが、煮込み料理などには硬水のほうが適しているそうです。それが水道水というわけではありませんが。

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーを導入してから結構な年月がたちます。ウォーターサーバーをレンタルすることのメリットは多くありましたし、これからも続けて行きたいと思っています!私は大阪に住んでいるので、「ウォーターサーバー 大阪」で検索してウォーターサーバーの業者を探しました。ウォーターサーバーレンタルのサービスは多くの業者では全国展開していますが、一部の業者では近畿のみであったり、離島は宅配できなかったりするので必ず調べましょう。

ウォーターサーバーの業者を選ぶポイントはいくつもあると思いますが、私にとって一番なのは求めている水があることです。次に選ぶポイントはメンテナンスの有無。そしてウォーターサーバー本体の性能、次にコスト面ですね。どんなに安いウォーターサーバー業者であっても欲しい水でなければ本末転倒ですからね。それとメンテナンスはやはりあったほうが安心できます。そしてウォーターサーバー本体の性能ですが、物によっては温水冷水機能がついてないものもあるので、注意が必要です。コスト面は安いにこしたことはありませんが、安さだけを求めるのであれば水道水でいいわけですので、ここは妥協せずに自分が求めたものを持っているウォーターサーバー業者を選びましょう。もちろんウォーターサーバー業者の乗換もできますが、解約金が発生したりするので、一度で自分にあった業者を見つけるのは難しいかもしれませんが、キャンペーンなどを通して自分や家族にあったウォーターサーバーを見つけ出しましょう!

ウォーターサーバー業者その2

ウォーターサーバーレンタル業者第2弾です!数あるウォーターサーバーで紹介できるのは一部ですがぜひ参考にして下さい。

まず最初に紹介するウォーターサーバー業者はアルピナウォーターです。アルピナウォーターの特徴はその水にあります。ROシステムというNASAで開発された極小のフィルターを通すことによって、環境ホルモンやミネラルも除去し限りなく純水に近い超軟水となっています。その特徴から不純物が溜まらずウォーターサーバー本体に優しく、メンテナンスの面でもとても便利です。またアルピナウォーターではウォーターサーバー本体のレンタルが600円となるものの、12リットルのボトルが995円という破格の値段になっており、ボトルをたくさん頼まれる方であれば非常に安いウォーターサーバー業者になります。

つぎに紹介するウォーターサーバー業者はオーケンウォーターです。オーケンウォーターでは3種類の天然水を提供しています。「富士のバナジウム天然水」「京都・丹波の銘水」「大分・日田天領の銘水」。「富士のバナジウム天然水」は注目のミネラルバナジウムの含有量が国内最大クラスとなっています。バナジウムは糖尿病予防の効果が期待されるミネラルで、海藻類からも摂取ができますが、この天然水から摂取するほうが効率がよいそうです。「京都・丹波の銘水」は硬度30の軟水で、和食と非常に相性がいい天然水です。「大分・日田天領の銘水」は天然の亜鉛とゲルマニウムを豊富に含み、約9000年前に産まれたとされる歴史ある天然水です。

ウォーターサーバー業者その1

ウォーターサーバーを導入することを決めた方が次に直面する問題があります。それはウォーターサーバーの業者選びです。美味しい水を宅配しくれる業者は多く在ります。今回は数多くあるウォーターサーバー業者の中から二つ紹介しようと思います。

最初に紹介するのはウォーターサーバー業者はクリクラです。クリクラの特徴は二つあります。まずは美味しい水。クリクラが提供する水はRO水という特殊なフィルターを使って、難しいとされる環境ホルモンを除去することができ、純粋に近い水を作り上げます。そこにカルシウム、カリウム、ナトリウム、マグネシウムをバランスよく加えることで、口当たりがまろやかな美味しく作ることに成功しました。またHACCP(総合衛生管理製造過程)を取得したことから分かるように、徹底した衛生管理をしています。また料金も非常に安く、レンタル料は無料、ボトルも12リットルで1200円ほどとなっています。メンテナンスは年に1回、ボトルは回収するシステムとなっています。

次に紹介するウォーターサーバー業者はコスモウォーターです。コスモウォーターでは3種類の天然水が提供されます。「富士の滴」「奇跡の幻水」「古都の天然水」の3つです。「富士の滴」は富士の麓でとれる天然水でバナジウムを豊富に含みます。このバナジウムは糖尿病予防の効果が期待されているミネラルです。「奇跡の幻水」は大分でとれる亜鉛やゲルマニウムを豊富に含んだ天然水です。「古都の幻水」は多くのお米やお酒を作っている京都でとれる天然水で、硬度30の軟水で非常にまろやかな味の天然水です。

ウォーターサーバーのあれこれ

ウォーターサーバーで温度調整ができるタイプがあることしっていました?ウォーターサーバーには温水冷水の温度があらかじめ決まっているものと、任意で調整できるタイプがあるそうです。ウォーターサーバーの温度調整機能のようにまだまだ知らないことはたくさんありそうですね。ウォーターサーバーはこのように温度調整ができたりすることから分かるように、精密機器なのでメンテナンスが必要になります。ウォーターサーバーのメンテナンスは業者によって期間や値段が違います。また業者によってはまったくメンテナンスがない場合があります。精密機械であり水などの飲食物を扱うものなのでメンテナンスはぜひともやって欲しいというのが本音ですね。

話はかわって、みなさん硬水とか軟水とか知っていますか?聞いたことはあると思いますが、簡単にいえば水にはいっているミネラル(カルシウムとマグネシウム)の量で決まります。硬度100以下の水を軟水、100から300の間を中硬水、300以上を硬水といいます。日本でとれる多くの水が軟水、欧米でとれる多くの水が硬水といわれています。海外旅行へ行って現地の水を飲んで体調を崩すのは硬水を飲んだためといわれます。また有名な水もその特徴があり、エビアン(フランス)は中硬水、コントレックス(フランス)は硬水です。もちろんボルヴィックのようにフランスでとれる軟水も存在します。便秘解消や不足がちのミネラル補給のために硬水を飲まれている方もいるようです。

どんな人がウォーターサーバーを使ってるの?

ウォーターサーバーの普及率はここ最近グッとあがっているそうです。ではどのような人がウォーターサーバーを導入しているのでしょうか。

私の家にもウォーターサーバーがありますが、家族がいたから導入したのだと思います。一人暮らしの家よりも家族で暮らしている家での普及率のほうが高いと思います。ウォーターサーバーを導入する上にあたって、業者によっては月に水を何本最低頼まなくてはならないというノルマがある場合があります。そのような場合でも家族であればあまり気にする必要がないようです。またうちには小さな幼児がいます。子どもは成人している人間よりも水分の%が高いので、良質の水を飲ませてあげたいという事もありました。赤ちゃんのときのミルク作りにも重宝したようです。ウォーターサーバはお湯と冷水がすぐに使えるので、温度調整の難しい赤ちゃんのミルク作りも簡単に作れるようです。ましてや夜中のミルク作りには最高らしいです。

さて私の家の話は別にして、友人にダイエットのお供にウォーターサーバーを導入している人がいます。友人はジュースや炭酸をやめてできる限り水を飲むようにしたそうです。そこで飲むなら体にいい水を飲みたいということでウォーターサーバーを導入したそうです。まだ継続中ですが成果もそこそこでているようです。ウォーターサーバーのメンテナンスも大事ですが、ウォーターサーバーで自分の体をメンテナンスしているんですね。

水の力

普段生きている中で水がどれほど大事なものか分からなくなります。つまりあまりに身近にありすぎて、そのありがたみが分からなくなるということです。とくに日本のような国であればなおさらです。日本で生活していて水不足という事態になることはまれにあります。しかし実際に水が飲めなくなると聞かれたらそんなこともないですね。日本にはダムのように水をためておく場所もありますからね。

アフリカの貧しい国になると水を飲むことさえ困難になります。飲めても不衛生な泥水であったり、とても飲料水に適していると言えない水を飲んでいます。日本の井戸作りの技術者が現地に行って井戸を作るという番組もたまに見ます。そんな彼らは日本に住む私たちより水のありがたさを知っているのだと思います。

人間は1週間何も食べないでも生きていけるといいますが、水分を取らないと3日くらいしか持たないそうです。成人した人でも50%ほどは水でできている人間の体ですので、それも頷けます。また減量中のボクサーが一番求めるものは水だそうです。極限まで節制をする中で一番求めるのが水なのは本能なのでしょう。

ウォーターサーバーで取り扱っているような質の良い水をとることは、健康維持や老化防止にも良いと聞きます。日本は多くの銘水が取れることでも知られています。日本人が長寿なのも医療だけでなく、水とも深くかかわりがあるのかもしれませんね。水の力って本当にすごいですね。

水道水

ウォーターサーバーの普及には水道水も深く関係しているといっていいでしょう。一昔前まではみなさん水道水の水を飲んでいたと思います。最近でこそあまり水道水の水を飲むことはないと思いますが、以前はあたりまえのように飲んでましたよね。もちろん私も飲んでました。

水道水に塩素が消毒のために使われていることはみなさんもご存知だと思います。この塩素の量は人体に害がないほどと承認されているのですが、長期にわたり飲んだ場合の害は分かっていません。また消毒のために使う塩素によりトリハロメタンという発がん性物質が発生することがわかっています。このような環境ホルモンは除去が非常に難しく、何百万もする浄水器を使ってやっと除去できるそうです。この他にも水道管の長年の使用による劣化により、水にさびが入ってしまう問題など、問題が多く存在します。世界一安全な水道水といわれる日本でも非常に多くの問題を抱えていることが分かると思います。

これらの水道水の問題もあり日本人の水を買うということが一般化していったのだと思います。当たり前のように水を飲んでいる私たちですが、そこには色々な人の努力や研究があることを忘れてはいけないと思います。ウォーターサーバーを導入して美味しい水を手軽に飲むことができることを幸せに感じます。水は人間が生きていく上で欠かせないものですから、水についてこだわりをもってみてもいいと思いますよ。きっともっと楽しい人生になりますよ!

ウォーターサーバーの心配事

私はウォーターサーバーをすすめている人間ですが、まったくの無知な人にとっては非常に心配事というか知らないことが多いようです。まずウォーターサーバーがオフィスや病院で見ることが一般的であったことから、贅沢品と思われること。もちろん贅沢品といえば、その通りかも知れません、しかしコスト的には思っていたよりも安いというのが私の本音です。今現在ウォーターサーバーの本体は業者からのレンタルの形が多いですが、そのレンタル料も無料であったり、有料でも1000円以下の場合がほとんどです。水に関しては種類や業者によって違いがありますが、スーパーやコンビにでペットボトルを買うよりもはるかに得なのは言うまでもありません。月に4本(1本12リットルとする)で6000円ほどなのです。

次によく聞かれることと言えば電気代について。ウォーターサーバーは冷蔵庫のような家電と同じく常に通電させて本領を発揮する機械です。そこで心配になってくるのが電気代なのですが、これは月におおよそ1000円程度と考えていいでしょう。電気ポットを使った時よりもコストパフォーマンスは格段に良いそうです。適当に計算しましたが、月8000円あればウォーターサーバーを導入できるということですね。これを高いと思うか、安いと思うかは個人によりますが、私個人はこれだけのメリットがあって8000円は安いと思います。もちろんこの値段は平均として適当に計算したものなので、もっと安くなる場合もあります。ウォーターサーバーによっては月の電気代が100円もかからない物もあります。

興味をもったらすぐに調べてみましょう!

ウォーターサーバーのメリット

前回お話したように我が家にはウォーターサーバーがあるんですが、今日はそのウォーターサーバーのメリットについてお話したいと思います!前回も話 したようにウォーターサーバー最大のメリットはなんといってもおいしい水が飲めることですね。ウォーターサーバーの業者によって取り扱っている種類が 色々違いますが、日本で有数の銘水を扱っていたりしますので、ぜひチェックされてみてはいかがでしょうか。水なんてどれ飲んでも一緒と自分も思っていまし たが、ウォーターサーバーが来てからその考えは変わりました。普段水道水を飲んでいるときから、ウォーターサーバーの水を飲んだ時はあまり分からなかった のですが、ウォーターサーバーの水に慣れてから水道水を飲むとその違いがはっきりと分かりました。人間は味覚も成長するんですね(笑)。

メ リットの話に戻しましょう。温水冷水がすぐに使えるというのは非常に便利なメリットです。夏場に冷水が飲みたいとき、コーヒーをすぐに飲みたいときなど、 時間も手間もいらないんです。そして私にとっての最大のメリットのカップ麺をすぐに作れること!これは私にとっては非常に便利な機能ですね!

他 にも部屋が贅沢に見えることなどのメリットもあると思います。ウォーターサーバーが思ったより部屋のインテリアとしてもすばらしいのがわかります!ウォーターサーバーの色や形は業者によって違いがあるので色々なホームページを見て気に入ったものを見つけてみてください。